注意点について

the white tablets

アイピルというのは正しく服用すれば高い避妊効果を得られます。しかし、服用の方法を誤る、服用するタイミングを誤ることで効果を得ることができません。ここでは、服用する際の注意点についてお話します。

アイピルを服用するという場合には、タバコを吸っている人は気をつけましょう。
タバコを吸うことで、循環器系に異常が出てしまうおそれがあります。
また、アイピルを服用する量というのは決まっています。そのため、確実に避妊をしたいからといって規定量以上の服用はNGです。ただ、服用してから2時間以内に嘔吐してしまったという場合にはアイピルの効果が体内に行き渡っていない可能性が高いので再度服用する必要があります。嘔吐してしまった場合を除き、再度服用することは避けましょう。

また、アイピルを服用して失敗してしまったというケースには服用後に性行為をしたということです。服用後、自然な生理が訪れるまでに性行為をしてしまうことで妊娠をしてしまう可能性があります。そのため、確実に避妊を成功させるためにも生理が訪れるまでの性行為はしないことが大切です。

そして、アイピルを服用する際に一番気をつけて頂きたいのは「妊娠していないか」ということです。アイピルは性行為を行なった72時間以内に効果を発揮します。しかし、それ以前に性行為をして妊娠しているという場合には避妊はできません。

こうしたことに注意をしてアイピルを服用するようにしましょう。病院で処方して貰う場合には注意点も説明してくれますが、通販を利用して購入するという場合には誰も説明してくれませんので自分で調べておく必要があります。
せっかく服用したのに避妊に失敗してしまったということにならないためにも上記の注意点には気をつけましょう。